concept

Nouvelle SHOJIN
-新・精進料理-

蓮溪 邦枝。

滋賀県琵琶湖の北に28代続くお寺に嫁ぎ
家に伝わる行事料理、いわゆる「精進料理」の伝統を守り続けてきた。

大地の力をたっぷり纏った野菜たちの声に耳を澄ませ、
その中にある閃きやときめきを共鳴させながら料理を作る。

手を動かす中で次々と生まれる即興の自由なアイデアは
まるで音楽のジャムセッションのようであり、
クリエーターやアーティストから「ライヴ・キッチン」と称される。

そんな蓮溪 邦枝が送り出す、Nouvelle SHOJIN-新・精進料理。

「食べるを楽しむ」。
そんな季節のおもてなしを
テーブルコーディネートも含めてトータルデザインしている。

1973年2月5日生まれ。
祖母と母は画家。

ものづくりや空想の世界に浸る幼少期。

岡山出身の両親が転勤族だったことから
山口や広島に住んだこともあり、
瀬戸内の自然の中で、のびのびとした子ども時代を過ごす。

その後、文化学園大学で染色を専攻し美術と染色を学び
卒業の年の暮れに滋賀湖北のお寺に嫁ぐ。

2012年ごろから
お寺の文化継承の中で長年培った「精進料理」の知識と経験を活かし
料理教室の講師として活動を開始する。

現在は「お野菜とおしゃべりするフードスタイリスト」として、
出張ケータリングや飲食店メニュー開発などにも携わるなど、多岐に活躍。

2017年3月には初のフランス・パリでの出張ケータリングを行い、好評を得た。

2020年オリンピックイヤーには、
東京の寺院とコラボしたフードイベントに携わる。

滋賀・京都を拠点としながら、全国、そして海外にも活動の場を拡げている。